SEOで大事なこととWEB集客 SEOで大事なこととインターネット広告についてまとめました。


 

SEOの高評価要素

SEOではHTMLを適切に使う。また、不適切なHTMLが使われている場合も、 Googleの正しい評価を得られません。 HTML Web ぺージの文書構造を表すためのマークアップ言語で、一つ一つのタグに意味があります。 たとえば、引用を意味する blockquoteタグを装飾のために使ってしまうようなことをすると、オリジナルの内容を書いているのにこの文書はオリジナルではなく、どこかからのコピーだ」という誤ったシグナルを Google に対して発してしまうのです。 100 点満点の正しいHTMLにする必要はありませんが、最低限のルールを守らないと、どれだけ良質なコンテンツを作ってもアクセス数が増えないという悩みに陥ってしまうことがあります。

コンテンツ とは、 Webぺージの内容のことです。 Google は、検索エンジンを使って情報を探しているユーザーの満足度を上げるために、 より検索キーワードにマッチした、詳細で、わかりやすいコンテンツを含むWebぺージを検索結果の上位に表示させようとしています。検索エンジンを使うとき、ユーザーは何かしらの答えを求めて「問い」を発しているといえます。その「問い」に対して、より明快で、正しい「答え」を掲載していると思われるページを上位にするのです。

画像や動画、音声などもコンテンツですが、 SEOにおいてもっとも 重要なコンテンツは「テキスト」です。 Google のアルゴリズムは、画像や動画の意味する内容を理解するところまでは進化していません。そのため、 Webページの内容や品質を判断する要素として、テキストに多くの部分を依存しているのです。逆に考えると、オリジナルのテキストがほとんどないページは、 Google から低品質だと判断されやすくなります。 つまり、 Google にコンテンツの質が高いと判断されるWebぺージは、ある検索キーワードから予想されるユーザーの「問い」に対して、テキストで適切な「答え」を掲載している Webページとなります。コンテンツの「量」とは、サイト内のぺージ数のことです。ただし、単純にページ数を増やそうとして、中身のないぺージや似たようなぺージ、 サイトのテーマと関係のないページを量産しても、高い評価は得られません。むしろ、そうした低品質なぺージがサイト内にたくさん含まれていると、品質の低いぺージをたくさん含んでいる、全体的に品質の低い

サイト とGoogle から判断されて、かえって評価を落としてしまいます。