SEOで大事なこととWEB集客 SEOで大事なこととインターネット広告についてまとめました。


 

SEOに向いているかいないか

SEOには、向いているビジネスと向いていないビジネスがあります。 一般的に商圏が広い、検討期間が長いビジネスはSEO向きです。反対に商圏が狭い、検討期間が短いビジネスはSEOに向かないことが多い。

SEOはあらゆるビジネスに効果的なマーケティング手段とはいえません。SEOコンサルテイングの仕事をしていると、様々な業種・業界の方から SEOの相談をされます。利益を優先するのであれば、どんな相談に対しても提案をした方がよいのでしょうが、あとから「ぜんぜん成果が出ないじゃないかと怒られるのが嫌なので、 SEOで成果を返すのが難しそうな案件については、初めからその旨を説明してお断りしています。いろいろな場面で当たり前に検索サービスが利用される世の中になってはいますが、それでもSEOは万能のマーケテイング手段ではないのです。

商圏が広いほどSEO向きです。SEOの優れた点は、検索サービスが利用できる場所であれば、距離に関係なくアプローチできるところです。商圏が広くなると潜在的な母数となる人口が増えるので範囲が広ければ広いほど SEOは威力を発慢しやすくなります。

反対に、商圏が狭いビジネスはSEO にあまり向いていません。たとえば、特にこれといって特徴のない、商店街のお肉屋さんに SEOで集客をかけるのは効率的ではありません。お肉屋さんの商圏は徒歩圏内と考えられますが、夕飯用の食材を買いに行くだけのときに、わざわざ検索してお店を調べたりはしません。

とはいえ、最低限の対策は行っておいた方がよいでしょう。商圏外からやってきた人に場所を知らせたり、安心感を持ってもらったりするために、Google Map に表示されるよう Google マイビジネスに登録する。 屋号で検索されたときに見てもらえるよう自社サイトだけは作っておくなどの施策は有効です。

検討期聞が長いものはSEO向きといわれています。 SEOに向いているかどうかは、商材の検討期間の長さにも関係します。検討期聞が長い商品、とりあえずノートパソコンを例に考えてみましょう。 最近では格安商品も出てきましたが、ノートパソコンは数万円以上する高額商品で購入後は数年にわたって使用します。そのため、消費者はなるべく失敗しないよう購入前の下調べを入念に行うでしょう。 まずは通販サイトなどでおおよその相場観をつかみ、予算を決めたらその中で買える商品同士を比較して、口コミや評判も調べ、商品を決めたら一番お得に買えるお店を探す……そんな探し方をするのではないでしょうか。 この過程で頻繁に利用されるのが検索サービスです。検討の過程で、 「ノートパソコン×おすすめ、商品名、口コミ、商品名激安×即納などのキーワードで検索を繰り返しているイメージが湧きます。このように、検討期間が長い商材は検索を通じて接触する確率が高いので、 SEOと相性がよいのです。

一方で、キャベツやトイレットペーパーなどの最寄り品はどうでしょうか。検討期聞が短いものはSEOに向かないです。チラシで特価品をチェックするくらいのことはしても、何日も前から検索して激安品を探したり、品質を吟昧したりする人は滅多にいません。このように、検討期間の短い商材は検索サービスを通じて情報を探そうとしている人が少ないため、 SEOに向いていないのです。

SEO施策を検討するときは、初めに自社の商材は SEO に向いているかそうでないのか見極めるようにしましょう。