ウェブページの表現方法

ウェブページはHTMLというマークアップ言語を使って記述する。ウェブページに動きの表現やコミュニケーション機能を持たせるためにはJavaScriptなどのスクリプト言語やFlashを利用することもできる。HTMLによるホームページ作成では、基本的にタグと呼ばれているコマンドを利用し、画像や文書の表示を指示していくと言えるでしょう。時に、ページ内に動きをつけるために、動画やアニメーションといったものが利用されることが多いようですが、この時にもっとも簡単とされるのが、GIFアニメーションと言えるでしょう。これは、一つのGIFファイルにいくつかの画像を保存しておけばアニメーションとして表示することができるというものでしょう。2つの画像を順番に表示していくものを「2フレームアニメーション」と呼び、各画像の表示される時間や点滅などの速度も手軽に自由に変えることができるため、個人の作成するホームページなどでは多く見られる手法と言えるでしょう。より高度な動画やアニメーションを利用したい場合や、ポップアップメニューなどを作成したい場合にはJavaScriptやFlashといったものを利用すると良いでしょう。ページ内のアイコンをクリックすればアイコンが点滅したり変形したりするといった手法は、多くのウェブサイトで見られる手法と言えるでしょう。また、ブロードバンド化が進んでいる現代では、大手と言われる企業のコーポレートサイトやオイータルサイトでは、映像や音楽などのファイルといったものも頻繁に使われるようになっているのではないでしょうか。ここで注目すべきは、言われないと気付かないという程度に使用し、閲覧者に不快感を与えないような工夫が凝らされている点ではないでしょうか。このようなさりげない演出も、多くのサイトから参考にしておくと良いでしょう。


About admin

Add your Thoughts

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です