Googleペナルティ

ホームページの検索順位は、Googleによって日々チェックされています。しかし場合によってはGoogleの定めている規約に違反されていると判断してペナルティを受けてしまうことがあります。このペナルティがある限り検索結果を下げられてしまいます。軽いものであれば該当箇所を修正すれば戻るということもありますが、ペナルティ自体を解除しなければ元に戻らないということもあるそうです。ガイドラインは発表されていますが、具体的にこの部分が該当するということを示してもらえないので、自分で充分に注意する必要があると言えるでしょう。どんなものがペナルティを受けやすくなるのかというと、「自動で生成しているコンテンツが含まれている」「ホームページ内のコンテンツに関係ないキーワードを詰め込んでいる」「隠しテキストや隠しリンクを利用している」「フィッシングやウイルスなど、悪意あるマルウェアのインストールを求めるページである」「自分のオリジナルのコンテンツがほとんど、もしくは全く存在しないページである」などが該当しています。不正な行為をせずに、ユーザーが読みやすいコンテンツを作っていこうと考えてホームページ作成をしている場合には、まず該当しない内容です。しかし、やましいことはないと思っていても、例えばハッキングされてしまった場合や、ユーザーにスパムを生成されてしまうという可能性は充分にあり得ます。常に自分のホームページを確認しておき、少しでも不正な動きがあったときには削除するなどの対応を行いましょう。スパムなどで順位が下がってしまった場合、Google再審査をリクエストすることもできます。ガイドラインはGoogleで発表しているので、きちんと内容を把握した上でSEO対策を行いましょう。


About admin

Add your Thoughts

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です