SEOとリンクのページの評価とは

被リンクというのは、外部サイトからa要素でリンクを受けることです。ただし、rel属性にnofollowが設定されている被リンクは評価されません。グーグルが開発したアルゴリズムは、当初、被リンクのみが対象でした。価値があるページというのは、被リンク数が多いものであると評価してました。外部要素とは被リンクであると考えている人も多いようです。現在は、nofollow値が付与されている被リンク、a要素のリンクでない言及といったものも、外部要素としt評価されている可能性もあります。こういったことをサイテーションと呼びます。サイテーションとは引用という意味です。これは外部要素の本質ともいえます。グーグル側はSNSでどのように言及されているかということを見ると言っています。被リンクというのは明示的な引用です。サイテーションは暗示的な引用です。検索エンジンが認識しやすいということ、そしてより正確に評価できるのが被リンクです。外部要素としての重要性は高いといえます。外部施策として幅を広げるには、サイテーションを意識することも大切です。被リンクというのはa要素で明確にウェブページに紐付けられるものであることから、グーグルは今も重要な評価項目としています。被リンクの評価要素というのは、リンク元の評価、リンク元のページにおけるリンクの掲載状況、リンク元とリンク先のコンテンツの関連性、リンクが張られてからの経過時間の4つが主なものです。これらは並列に語れるものではありません。これらが被リンク評価のすべての基礎といえます。リンク元のページ評価をページランクといいますが、量と質とともに価値の高さの定義があります。


About admin

Add your Thoughts

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です