内部リンクのアンカーテキスト

リンクの先がどのようなページなのか、リンクのテキストを読んで判断することが通常ではないでしょうか。 このリンクのテキス卜のことを「アンカーリンク」と呼びます。検索エンジンもアンカーリンクからリンク先の情報を理解しようとするようです。そのため、アンカーテキストに設定するキーワードは非常に重要となってくることは皆さんにもお分かりいただけると思います。

アンカーテキストは、リンク先のページの内容が簡潔にわかるように書くことがひとつポイントとなってきます。冗長な表現や段落になるほどの長いテキストにする必要はありませんが、「ページ」「記事」「ここをクリック」のようにあまりにも短すぎても、 リンク先の内容がわからなくなるので、避けた方が無難かと思います。 逆に、アンカーテキストに注力キーワードを大量に詰め込むと、検索エンジンの評価をかえって下げてしまうなんてこともあり得ますので、注意しましょう。また、lつのページに対して張られるリンクのURLで「www.」の有無などが異なると、そのコンテンツに対する評価がURLごとに分かれてしまう可能性も否定できません。サイト内でページをリンクするときには、常に特定のURLを使用するよう心がけましょう。


About admin

Add your Thoughts

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です