キャッシュ調整で

キャッシユ機能を利用する

キャッシュとは、PCまたは中継サーバなどに、ブラウザが表示したWebページ情報を一時的に記憶させる機能のことです。次にまた同じWebページを閲覧する場合、わざわざWebサーバに再度情報を取りに行くのではなく、キャッシュに保存されたデータを用いることでそのぶんの時間を短縮できるため、表示速度を上げることができます。

このキャッシュ期間の調整は、「.htaccess」をファイル内へ記述することで、制御できます。

「.htaccess」ファイルを作成し記述追加する

キャッシュは有効期限を設定できます。たとえば画像は2日、HTML.CSS . JavaScriptファイルは1日に設定する場合は、.htaccess内に次のように記述します。記述したあとはアップロードしてください。

頻繁に変更する必要がなく、かつ何度も見直すような類のWebサイトの場合、キャッシュは読み込み速度を改善するためにとても効果的な手法です。まずは試してみましょう。


About admin

Add your Thoughts

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です