h1タグ活用法

セクション分けも行わずに、大見出しである h1が、 h2やh3よりも SEO効果があるからと乱用しては、文章構造そのものが崩れてしまいます。これにより、検索エンジンが誤って解釈してしまう危険性もあります。

1つのページに、 1つの h1を使用することが最適です。最も重要なのは、ユーザーに対し適切にページ内容を伝えることです。その観点からも、ページのテーマとなる大見出し(h1)が複数あることに疑問が残ります。

見出しであることから、改行を伴うほど長い記述は不自然です。キーワードを用いて簡潔に表現しましょう 。
titleはWeb ページの顔であり、玄関の外にある表札のように外から見た際の名前です。前節で説明したように、最も検索エンジンを意識しなければいけません。
対して、 h1は主に、クリック後にページを見る人間(ユーザー)向けのものです。何について書いであるページなのかがすぐに理解できる内容にしましょう 。
例えば、狙うキーワードを用いながら、 title をもう少し詳しく 言いなおした内容にすることがベストです。

h1は大見出しで、body (コンテンツ 内)の中では SEO に、最も重要なタグです。ここで、現段階での検索エンジンの技術力に鑑み、画像よりもテキストの方が理解しやすいことに留意して使用 しなければいけません。左上にロゴを設置し、ロゴを表現する際にh1を用いるのは、大変勿体ない使い方です。


About admin

Add your Thoughts

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です