SEOで大事なこととWEB集客 SEOで大事なこととインターネット広告についてまとめました。


 

ソーシャルシグナル

検索エンジンのアルゴリズムも日々進化しています。検索ユーザーの満足度を向上させるためにアルゴリズムを磨いていく方向性に変化はないと思われますが、新しい技術の登場に対応してルールが代わる可能性は常にあります。最近でもスマートフォンの普及によって変化がありました。 PC の検索結果とは別に、スマートフォン専用の検索結果を用意するようになり、スマートフォンに最適化していないサイトが不利になっているのです具体的なスマー卜フォン対策については、スマートフォン向けのSEO対策を知りたい。

また、よほどニツチな業界でなければ、競合の動きも気にする必要があるでしょう。ある時点でどれだけ優れたコンテンツを提供し、検索上位に入っていたとしても、競合にそれを超える施策を打たれたら優位性を失います。当然のことですが、ビジネスには常に競争相手がいることを忘れてはいけません。

「ソーシャルメディアからのリンクは効果がなしって本当?Google は否定しているが、効果がある可能性が高い。 直接効果がなくても、ソーシヤルメディアで支持を得られるコンテンツは重要です。ソーシャルメディアを意識すればおのずとサイトの質が上がります。

ソーシヤルメディアにSEO的な価値はないのか。ソーシャルメディアの利用者が増えてきたことで、ソーシャルメディアを活用した Web マーケティングが注目を集めています。古くは「口コミ・マーケテイングと呼ばれていましたが、最近ではバズ・マーケティング やバイラル・マーケテイングと呼ばれています。ソーシャルメディア上で大きな話題を呼ぶと爆発的な流入を生み出します。情報が伝

播しやすいソーシャルメディアならではの現象といえるでしょう。 Twitter での言及や、 Facebook でシェア、コメント、「いいね!されることをSEO 業界ではソーシャルシグナルと呼んでいます。どれだけの人がそのコンテンツに注目をしているのか一目瞭然なので、 SEO にも多大な影響を及ぼすのではと、一時期注目を浴びました。

それに冷水を浴びせたのがGoogle の声明です。「ソーシャルシグナルは SEO には効果がない」と繰り返し明言したことで、直接的には効果がないと理解する人が増えたように感じています。

経験則からいえば、ソーシャルシグナルは検索順位に影響 していると考えた方が蹄に落ちます。 Twitter Facebook での言及が多い 期間に順位を上げ¥その後も中長期的に順位が向上しているケースが多いからです。ソーシャルシグナルを直接読み取っているのか、あるいは そこから発生する副次的な効果(閲覧者の増加や滞在時間の向上、連携サイトからのリンク増など)が影響しているのかはわかりません。ですが、 Google が検索順位に影響していないと言ったからといって、そのまま鵜呑みにしてしまうには疑問が残ります。 また、ソーシャルメディア上で言及されるためには、ユーザーに支持してもらえるコンテンツが欠かせません。ソーシャルシグナルを得られそうなコンテンツ作りを意識することで、サイトの品質は間違いなく向上します。